Dai-Con Viewer

点群・XYZデータからTINの作成

■ 点群・XYZデータからTINの作成について

  • 点群間引きデータやグリッドデータからドロネー三角形分割によりTIN(不整三角網)を作成します。
  • 点密度が大きい点群データは、間引き処理をしてTINを作成できます。
  • 点密度が大きい場合、TIN作成前にデータの間引きについての確認メッセージがでます。

■ ファイル選択

読込むファイルはメニューバー、ツールバー、ファイルリストビューのいずれかから選択します。ファイル形式は、テキスト点群等XYZ形式データ(.xyz,.xyzrgb,.csv,.rcsv,.dat,txt,.asc,.sim)、バイナリデータ(.ras,.raz)、グリッドデータ(.grd,gcsv)です。

 

▪ メニューバーから

メニューバーの[TIN/LandXML]-[点群・XYZデータを読込みTIN(不整三角網)を作成]を選択します。

 

 

[点群・XYZデータを読込みTIN(不整三角網)を作成]ダイアログが開きます。読込むファイルを選択し[開く]ボタンを押します。 

▪ ツールバーから

ツールバーの[XYZデータを読込みTINを作成]をクリックします。

 

 

[点群・XYZデータを読込みTIN(不整三角網)を作成]ダイアログが開きます。読込むファイルを選択し「開く」ボタンを押します。 

▪ ファイルリストビューから

メイン画面左側のフォルダツリービューからデータフォルダを選択し、ファイルリストビューからファイル名を選択します。選択したファイル名を右クリック⇒[点群・XYZデータからTIN(不整三角網)作成]を選択します。

■ 読込み設定

▪ テキスト点群、XYZ形式データの場合(データ列の指定等)

ファイル形式がテキスト点群データ、点群間引きデータ、およびSIMAデータの場合、読込む前に①入力設定、②出力先ページを指定します。

  

 

①入力設定

[XYZデータを開く]ダイアログが開くのでXYZ各データ列のアルファベットを指定します。

ファイル形式がXYZRGB等のRGB色情報を読込む場合は、[RGB色情報を読込む]にチェックを入れ、RGB各列を指定します。

 

[X⇔Y]ボタンをクリックするとXの列とYの列を入れ替えます(測量系を数学系にする時に使用)。

行頭にデータ説明のヘッダーがある場合、[読込開始行]を入力してください。なお、単純なヘッダー(X,Y,Z等)であれば指定しなくても読み飛ばします。

 

深浅測量データでZ座標値(深度)がプラスの場合は、[Zの符号を反転]にチェックを入れることでZ座標値をマイナスに変換して読込みます。

 

②出力先ページ

出力先が新しいページか現在のページかを選択します。

 新しいページ:新規のページを作成しデータを出力

 現在のページ:現在選択しているページにデータを追加

 

設定後、[OK]ボタンをクリックします。

▪ バイナリ点群(LAS・LAS)の場合

ファイル形式がバイナリ点群(.las,.laz)の場合は、出力先と描画方法を設定します。

 

 

①出力先ページ

出力先が新しいページか現在のページかを選択します。

 

 

③描画設定

LAS形式では、ファイルに保存されているRGB色情報で描画するか、またはカラースケールによりZ値により段彩を付けて描画するかを選択します。

 

設定後、[OK]ボタンをクリックします。 

■ データの間引き(点密度が大きい場合)

読込んだデータの点密度により、TINを作成する前にデータを間引くか確認メッセージが出ます。間引く場合は間引き方法を設定するダイアログボックスが開きます。なお、データの点密度が1点/㎡以下の場合は間引きを行わず、100点/㎡より大きい場合は、間引き設定ダイアログボックス開きます。

ダイアログボックスの[OK]ボタンをクリックすると間引きデータを作成し、再読込みします。

 

間引き方法については前頁参照⇒点群データの間引き

■ 描画設定(カラースケール使用時)

Z値により段彩をつける場合は、カラースケールを指定します。

色なしデータの場合や前画面で[RGB色情報を読込む]のチェックを入れていない場合、[カラースケールの選択]ダイアログが開くので、[カラースケールの選択]のドロップダウンからカラースケールを選択します。モノクロ(単色)にする場合はその色を選択します。

[カラースケールの設定]では、カラータイトル、ラベルの各設定を行います。

 

 

[カラースケールの選択]ダイアログの各設定後、[OK]ボタンをクリックします。

■ 画面出力例

 

▼ カラースケール使用(標高で段彩表現)

読込んだXYZデータからTINを張り、設定したカラースケールでZ値により段彩をつけて描画します。

 

データ入手先:Applied Imagery URL:http://appliedimagery.com/download/

 

 

▼ RGB色情報による表現

一方、色付き点群データは下図のように色付きでTINメッシュを描画します。

 

 

中心付近を拡大します。

 

 

表示の点群データは、以下の著作物を改変して利用しています。

【出典:静岡県ポイントクラウドデータベース】

 CCライセンス 表示 4.0 国際 https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/legalcode.ja

 

 

■ TINを保存

作成したTINは、LandXML形式または3DのDXF形式で保存できます。

LandXML形式でTINを保存

DXF形式でTINを保存

 

LandXML形式(LandXML 1.2)で保存した場合、色情報は保存されません。保存したファイルを本ソフトウェアで読込む時は、再度カラースケール等を設定できます。。

DXF形式で保存した場合も色情報は保存されません。

 

「Dai-Con Viewer」 形式で保存した場合は、TINに設定した色情報が保存されます。

「Dai-Con Viewer」 形式でページ保存