Dai-Con Viewer

XYZデータからTINの作成

■ ファイル選択

グリッドデータや点群間引きデータのXYZデータからドロネー三角形分割によりTIN(三角網メッシュ)を作成します。

読込むファイルはメニューバー、ボタンメニュー、ファイルリストビューのいずれかから選択します。ファイル形式は、テキストのXYZ,XYZRGB,CSV,PCD,SIMA,GRIDです。

 

▪ メニューバーから

メニューバーの[TIN/LandXML]-[XYZデータを読込みTIN(三角網メッシュ)を作成]を選択します。

 

 

[XYZデータを読込みTIN(三角網メッシュ)を作成]ダイアログが開きます。読込むファイルを選択し[開く]ボタンを押します。 

▪ ボタンメニューから

ボタンメニュー[XYZデータを読込みTIN(三角網メッシュ)を作成]を選択します。

 

 

[XYZデータを読込みTIN(三角網メッシュ)を作成]ダイアログが開きます。読込むファイルを選択し「開く」ボタンを押します。 

▪ ファイルリストビューから

メイン画面左側のフォルダツリービューからデータフォルダを選択し、ファイルリストビューからファイル名を選択します。選択したファイル名を右クリック⇒[XYZデータからTIN(三角網メッシュ)作成]を選択します。

■ データの行と列の指定

ファイル形式がXYZの点群間引きデータ、およびSIMAデータの場合、読込む前にデータの行と列を指定します。[XYZデータを開く]ダイアログが開くので[行列指定]のXYZ各データ列のアルファベットを指定します。

ファイル形式がXYZRGB等のRGB色情報を読込む場合は、[RGB色情報を読込む]にチェックを入れ、RGB各列を指定します。

行頭にデータ説明のヘッダーがある場合、[読込開始行]を入力してください。

 

■ カラースケールの選択・設定

Z値により段彩をつける場合は、カラースケールを指定します。

色なしデータの場合や前画面で[RGB色情報を読込む]のチェックを入れていない場合、[カラースケールの選択]ダイアログが開くので、[カラースケールの選択]のドロップダウンからカラースケールを選択します。モノクロ(単色)にする場合はその色を選択します。

[カラースケールの設定]では、カラータイトル、ラベルの各設定を行います。

 

 

[カラースケールの選択]ダイアログの各設定後、[OK]ボタンを押します。

■ 描画

読込んだXYZデータからTINを張り、設定したカラースケールでZ値により段彩をつけて描画します。

 

データ入手先:Applied Imagery URL:http://appliedimagery.com/download/

 

 

一方、色付きデータを[RGB色情報を読込む]にチェックを入れRGBを指定した場合は、下図のように色付きでTINメッシュを描画します。

 

 

中心付近を拡大します。

 

※生の点群データでは点密度が高すぎてTINメッシュを張れないので、ここでは無料の点群処理ソフト「CloudCompare」によりLAS点群データの間引き処理を行い、テキストXYZ形式で保存して本ソフトで利用しています。

  

表示の点群データは、以下の著作物を改変して利用しています。

【出典:静岡県ポイントクラウドデータベース】

 CCライセンス 表示 4.0 国際 https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/legalcode.ja

 

点群処理ソフト「CloudCompare」:https://www.danielgm.net/cc/

■ TINを保存

作成したTINはLandXML形式で保存できます。⇒LandXML形式でTINを保存

 

LandXML形式(LandXML 1.2)で保存した場合、色情報は保存されません。保存したファイルを本ソフトで読込む時は、再度カラースケール等を設定します。