Dai-Con Viewer

LandXML形式のTINの読込み

■ ファイル選択

LandXML1.2形式のファイルから表面要素”Surfeces”の”TIN”地形データを読込みます。

読込むファイルはメニューバー、ボタンメニュー、ファイルリストビューのいずれかから選択します。

 

▪ メニューバーから

メニューバーの[TIN/LandXML]-[LandXMLからTINを読込み]を選択します。

 

 

[LandXMLからTINを読込み]ダイアログが開きます。読込むファイルを選択し[開く]ボタンを押します。 

▪ ボタンメニューから

ボタンメニューの[LandXMLからTINを読込み]を押します。

 

 

[LandXMLからTINを読込み]ダイアログが開きます。読込むファイルを選択し[開く]ボタンを押します。 

▪ ファイルリストビューから

メイン画面左側のフォルダツリービューからデータフォルダを選択し、ファイルリストビューからファイル名を選択します。選択したファイル名を右クリック⇒[LandXMLからTINを読込み]を選択します。

 

■ TIN地形データが一つの場合

▪ カラースケールの設定

一つのLandXMLファイルにTIN地形データ(要素"Surface"の”TIN”)が一つの場合、Z値による段彩表現ができます。[カラーコンターの選択]ダイアログが開くので、カラースケールの選択と設定を行い[OK]ボタンを押します。

 

▪ 段彩描画

データ入手先:LANDXml.org URL:http://www.landxml.org/

■ TIN地形データが複数の場合

一つのLandXMLファイルにTIN地形データ(要素"Surface"の”TIN”)が複数ある場合、同ページに読込むと段彩表現ができません。段彩表現をしたい場合は別ページに分割して読込みを行う必要があります。

確認のダイアログが出るので同ページに読込む場合は[はい]を、別ページに分割して読込む場合は[いいえ]を押します。

 

▪ 複数のTINを同ページに描画

同ページに複数のTINを読込んだ例:下図はわかりやすくするためにそれぞれのTINの表面色を変更し、一つのTINのZ値をオフセットして表現しています。

 

データ入手先:LANDXml.org URL:http://www.landxml.org/

▪ 複数のTINを別ページに分割して描画

単一のファイルを読込んだ場合と同様に、カラースケールを設定してZ値による段彩表現で描画します。

データ入手先:LANDXml.org URL:http://www.landxml.org/