Dai-Con Viewer

3Dモデルの挿入

■ 3Dモデルの挿入について

読込んだ点群、TINのページに3Dモデルを挿入して表示ます。挿入可能な3Dモデルのファイル形式は、PLY,STL,OBJ,3DS,COLLADA(.dae),FBX,IFC等です。

また、3DのDXFオブジェクトも3Dモデルと同じ操作で挿入できます。

▪ 地形データ読込み

例を示すため3Dモデル挿入前に点群データを読込んでおきます。⇒ファイルの読み込み

 

【出典:静岡県ポイントクラウドデータベース】

 CCライセンス 表示 4.0 国際 https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/legalcode.ja 

▪ 3Dモデルの準備

ここでは例にSketchUpからエクスポートしたクレーンの3Dモデルを挿入してみます。

 SketchUpを使用して[ファイル][3D Warehouse]からモデルをダウンロードします(詳細の方法は省略します)。

 

 

SketchUpでの原点(軸の交点)がエクスポートした3Dモデルの原点となることを念頭にモデルを配置します。

 

SketchUpの[ファイル][エクスポート][3Dモデル]から名前を付けてCOLLADA(.dae)ファイルで保存します。

 

※無料のSketchUp Make 版では、COLLADA(.dae)のみエクスポートできます(Make2017で確認)。有料のSketchUp Pro 版ではその他複数の3Dモデルの種類がエクスポート可能です。⇒読込可能なファイル形式

※COLLADA(.dae)でエクスポートした場合、Y軸が上方向(Y-UP)になるようです。

■ 3Dモデルの選択

挿入する3Dモデルはファイルメニュー、ボタンメニュー、コンテキストメニューのいずれかから選択します。

ここでは、先のクレーンのモデルデータを選択します。

 

▪ ファイルメニューから

[ファイル]ー[3Dモデルを現在のページに追加挿入]を選択します。 

 

[3Dモデルの追加挿入]ダイアログボックスから読込むファイルを選択して[開く]ボタン押します。

▪ ボタンメニューから

ボタンメニューの[3Dモデルの追加挿入]を選択します。

 

[3Dモデルの追加挿入]ダイアログボックスから読込むファイルを選択して[開く]ボタンを押します。

▪ ファイルリストビューから

[ファイルリストビュー]で追加する3Dモデルのファイル名を右クリックし、ショートカットメニューから[現在のページに追加]を選択します。

 

■ 3Dモデルの挿入位置、回転、および倍率の設定

[3Dモデルの挿入位置、回転、および倍率の設定]ダイアログが開きます。

まず、追加する3Dモデルの挿入基準位置をモデル原点、モデル中心、モデル境界(最小座標値)から選択します。

次に、挿入する座標値、X軸Y軸Z軸まわりの回転角度(単位:度[°])、および拡大縮小倍率の各値を指定します。

 

ここでは、3Dモデルの挿入位置を[参照]ボタンから画面をクリックして指定します。また読込む3DモデルがY軸上方向(Y-UP)であるためZ軸上方向(Z-UP)となるように[Y-UP⇒Z-UP]ボタンでX軸まわりに90°回転をかけます。設定が終わったら[OK]ボタンを押します。

なお、設定値は描画後にプロパティから変更できます。

 

 

※構造物等の3Dモデルを同じ座標系の絶対座標で作成した場合は、3Dモデル側の挿入基準位置を[モデル原点]とし挿入先の挿入位置も[原点](X=0,Y=0,Z=0)を指定します。回転、倍率はかけません。

■ 3Dモデル挿入描画

3Dモデルのクレーンを点群データ上に指定の通り描画しました。

 

■ プロパティの確認と変更

プロパティタブを選択すると、オブジェクトツリーに3Dモデルが追加されています。プロパティグリッドビューに設定したオフセット、スケール、ローテーションの各値を表示します。プロパティはここから変更できます。

 また、右クリックしたショートカットメニューからも3Dモデルの回転と移動の処理が可能です。

プロパティ: 3Dモデル

 

■ 挿入後のモデル基準点位置

3Dモデル挿入後のモデルの位置、回転、縮尺の基準点は、モデル挿入時に設定した挿入基準点となります。

オブジェクトツリーから[ Model ]ノードを選択します。右クリックしてショートカットメニューから[選択した3Dモデルのアウトラインを表示]を選択すると、境界ボックスと座標軸を表示します。

挿入後のモデル基準点は、この座標軸の交点となります。

また、[ Model ]ノードの子ノード[ Outline ]のチェックボックスをオンにすることでも確認できます。

 

下図は、モデル挿入時に指定した挿入基準点ごとに挿入後の基準点の違い(座標軸の違い)を示しました。左が「モデル原点」、中央が「モデル中心」、右が「モデル境界(最小座標値)」。

※ここでは、Z-UPになる.fbxファイルを用いて例に示しています。

 

■ 3Dモデル挿入の画面出力例

▼ TIN地形データの上にバックホウとダンプトラックの3Dモデルを挿入してみました。

 

■ 統合してファイルに保存

挿入した3DモデルやDXFは、点群およびTINデータ等と統合して保存でき、次回まとめて読込むことができます。

「Dai-Con Viewer 」形式でページ保存