Dai-Con Viewer

ファイルの読込み

■ ファイル選択

読込むファイルはメニューバー、ボタンメニュー、ファイルリストビューのいずれかから選択します。

有効なファイル形式は、テキスト点群データ、点群間引きデータ、バイナリ点群データ、SIMAデータ,グリッドデータ、3Dモデルデータ、およびDXFファイルです。⇒読込み可能なファイル形式

 

▪ メニューバーから

メニューバーの[ファイル]ー[開く]を選択します。

 

[ファイルを開く]ダイアログボックスから読込むファイルを選択して[開く]ボタン押します。

▪ ボタンメニューから

 

[ファイルを開く]ダイアログボックスから読込むファイルを選択して[開く]ボタンを押します。

▪ ファイルリストビューから

メイン画面左側のフォルダツリービューからデータフォルダを選択し、ファイルリストビューからファイル名を選択します。選択したファイル名をダブルクリックまたは右クリック⇒[ファイルを開く]を選択します。下図は右クリックの場合です。

■ 点群データの場合

▪ テキスト点群の場合(データの行と列の指定)

ファイル形式がテキスト点群データ、点群間引きデータ、およびSIMAデータの場合、読込む前にデータの行と列を指定します。[XYZデータを開く]ダイアログが開くので[行列指定]のXYZ各データ列のアルファベットを指定します。

ファイル形式がXYZRGB等のRGB色情報を読込む場合は、[RGB色情報を読込む]にチェックを入れ、RGB各列を指定します。

行頭にデータ説明のヘッダーがある場合、[読込開始行]を入力してください。

 

▪ バイナリ点群の場合

LAS形式およびLAZ形式のバイナリ点群データの場合、ファイルに保存されている色情報で描画するか、またはカラースケールによりZ値により段彩を付けて描画するかを選択します。

確認ダイアログが開くので、色情報を読込む場合は「はい」を、カラースケールを設定する場合は「いいえ」を押します。

 

▪ カラースケールの選択・設定

ファイル形式がテキスト点群データ、点群間引きデータ、SIMAデータ、およびバイナリ点群をZ値により段彩をつける場合は、カラースケールを指定します。[カラースケールの選択]ダイアログが開くので、[カラースケールの選択]のドロップダウンからカラースケールを選択します。モノクロ(単色)にする場合はその色を選択します。[カラースケールの設定]でカラータイトル、ラベルの各設定を行います。

ダイアログの入力後、[OK]ボタンを押します。

 

▪ 描画

 

RGB色情報を設定して読込むと、色付き点群を描画します。

 

表示のデータは、点群データを無償公開されている「静岡県ポイントクラウドデータベース」からLASデータをダウンロードさせて頂きました。URL: https://pointcloud.pref.shizuoka.jp/

 

【出典:静岡県ポイントクラウドデータベース】

 CCライセンス 表示 4.0 国際 https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/legalcode.ja

 

 

一方、カラースケールを設定すると、読込んだ点群データをZ値により段彩をつけて描画します。

 

■ 3Dモデルの場合

ファイルが3Dモデルの場合、[XYZを開く]ダイアログ、および[カラースケールの設定]ダイアログは開きません。

例にスタンフォードバニーを読込みます。

 

bunny.ply  URL:https://www.cc.gatech.edu/projects/large_models/bunny.html

▪︎ 境界ボックス・原点座標軸の表示

3Dモデルデータでは、データの境界ボックスおよび原点座標軸の表示が可能です。

[オブジェクトツリービュー]から[Outline]ノードのチェクボックスにチェックを入れます。
デフォルトでは、境界ボックスおよび原点座標軸の両方が表示されますが、[プロパティグリッドビュー]のOutlineVisibleAxesVisible プロパティを変更することでそれぞれの表示(True)・非表示(False)の切替えができます。