Dai-Con Viewer

読込み可能なファイル形式

■ テキスト点群データ・点群間引きデータ

XYZ(.xyz),CSV(.csv),DAT(.dat)

データ区切り文字がカンマ',’またはスペース’ ’のASCIIテキストファイル形式。

(x,y,z)の参照列を読込み時に選択可能です。

 

XYZRGB(.xyzrgb)

RGB色情報付きのASCIIテキストファイル形式。データ区切り文字はカンマ’,’またはスペース’ ’。

(x,y,z,r,g,b)の参照列を読込み時に選択可能です。r,g,bの各値は’ 0~255 ’の整数です。

 

PCD(.pcd)

ポイントクラウドデータ(テキスト形式)

出典:http://pointclouds.org/documentation/tutorials/pcd_file_format.php#pcd-file-format

 


■ バイナリ点群データ

LAS(.las)

レーザー測量によるLiDARデータの標準フォーマットであるバイナリファイル。

 

LAZ(.laz)

上記LASを圧縮した形式のバイナリファイル。

 

※LASおよびLAZ形式のデータは、数学座標系で作成されているものとして読込みます。X座標が北方向の測量系(測地座標系)で作成されている場合があるようでしたら、選択できるようにするなど修正を加えたいと思いますので、お問い合わせください。 

 


■ 測量系SIMAデータ

SIMA(.sim)

 「測量データ 共通フォーマット」形式のテキストファイル。

データ区分"A01"のXYZ座標値をポイントで再現します。

 

 

 

■ 3Dモデルデータ

▪色なしモデル

以下の2つの形式は、形状(ポイント、ポリゴンメッシュ)について表現。面の色はファイル読込み時に単色を設定可能です。色なし3Dモデルの場合はこの形式の方が高速に読込みできます。

 

PLY(.ply)

スタンフォード大学(Turk et al.)によって開発されたポリゴンファイル形式。

 

STL(.stl)

3D Systemsによって開発されたCADソフトウェアのファイル形式。

3Dプリンタ業界では事実上の標準フォーマット。

SketchUp Pro(有料版)でエクスポート可(Z-UP標準,Y-UPオプション,色なし)。

 

 

▪ 色付きモデル

以下の形式は、色付きの3Dモデルを表現できます。テクスチャは未対応です。

 

OBJ(.obj)

Wavefront Technologies社によって開発されたジオメトリ定義ファイル形式。

SketchUp Pro(有料版)でエクスポート可(Z-UP標準,Y-UPオプション)。

 

3dsMAX(.3ds)

Autodesk 3D Studio(現在は3ds Max)用の形式。

SketchUp Pro(有料版)でエクスポート可(Y-UP)。

 

COLLADA(.dae)

CGソフト間でデータをやり取りするための交換用ファイル形式。

元々は Sony が PS3、PSP 用に作成した形式。

SketchUp Pro(有料版)およびMake(無料版)でエクスポート可(Y-UP)。

 

FBX(.fbx)

Alias社(現在AutoDesk社傘下)がオープンソースとして策定したファイル形式。

SketchUp Pro(有料版)でエクスポート可(Z-UP標準,Y-UPオプション)。

 

IFC(.ifc)  

IFCは、Industry Foundation Classesの略称。

International Alliance for Interoperability開発のBIMの中間ファイル形式。

国際組織であるbuildingSMART International(bSI)により国際標準のIFCフォーマット策定。

「CIM導入ガイドライン(案)」では構造物モデルのデータ交換形式としてIFCを採用。

対応ファイルスキーマ:IFC2x3

SketchUp Pro(有料版)でエクスポート可(Y-UP)。

 

BLENDER(.blend)

 オープンソースの3DソフトBlenderのファイル形式。

  

XGL(.xgl,.zgl)

 

DirectX(.x)

 

OFF(.off)

 

glTF(.glb)

 

3MF(.3mf)

 

VTP(.vtp)

3Dグラフィックスオープンソースライブラリ[VTKライブラリ]で読書き可能なXML形式のファイル。

ポリデータ(ポイント、ポリゴンメッシュ、面の色)を再現します。読込は可、追加挿入は不可。

  


■ CADデータ

AutoCAD DXF(.dxf)

言わずと知れた2D CADの標準中間ファイルフォーマット。

本ソフトウェアで読込み可能なDXFバージョンは、

 R12、R13、R14、2000、2004、2007、2010、2013、2018

です。

  

2DのDXFは、読込むデータのベースマップのような使い方が良さそうです。

3DのDXFは、前述の3Dモデルと同様に地形データ等に挿入して表示できます。

ほぼ全ての3Dオブジェクト(エンティティ)に対応しています。

レイヤごとに表示・非表示を選択可。 

 

SketchUp Pro(有料版)でエクスポート可(Z-UP)。

※SketchUp Pro 2019で確認(以前のバージョンでのエクスポートのバグは改善あるがまだ不完全かも)。

 

 


■ Surferグリッドデータ

GRID(.grd)

米Golden Software 社のマップ(コンター図・鳥瞰図等)作成ソフト「Surfer」のグリッドデータ形式。

本ソフトウェアで読込み可能な形式は、Ver.6テキスト形式です。

グリッドデータからTINを作成できます。

 

 

 

■ LandXML形式TIN地形データ

LandXML(.xml)

LandXML1.2形式のファイルから表面要素”Surfeces”の"TIN"を再現します。

ひとつのファイルに複数の"Surface"がある場合、同ページまたは別ページに表現できます。

データ座標系のデフォルトは測量系(測地座標系)としています。データのXが画面のY、データのYが画面のXとなりXYを交換して読込み表示します。

  


■ Dai-Con Viewer 形式データ構成ファイル

Dai-Con Viewer保存形式 (.dcdat)

本ソフトウェアの独自保存形式で、開いた地形データや挿入した3Dモデルデータ等のページ情報を保存できます。⇒ 「Dai-Con Viewer」 形式でページ保存