Dai-Con Viewer

ファイルの保存

■ LandXML形式でTINを保存

点群間引きデータやグリッドデータ等のXYZデータから作成したTINは、LandXML形式で保存できます。

XYZデータからTINの作成

 

 

▪ メニューから

 

メニューバーから[TIN/LandXML]-[LandXML形式でTINを保存]を選択します。

 

▪ LandXML情報の設定

 [LandXml情報の設定]のダイアログ画面が表示されます。

 

 

 ① 必要な各要素を入力します。※1

 ② 出力するフォルダとファイル名を入力します。

 ③ 座標系を選択します。※2

 

[OK]ボタンを押すとLandXMLファイルを出力します。

 

 ※1) ”Project”,"Application",”CoordinateSystem”,”Units”の各要素の入力ができます。

 ※2)測地座標系を選択すると画面X座標をデータのY座標、画面Y座標をデータのX座標として保存します。

▪ LandXML形式のファイルから読込んだTINの場合

LandXML形式のファイルから読込んだTINの場合でも同様に保存することができますが、この場合  LandXML情報の ”Project”,"Application",”CoordinateSystem”,”Units” および 地形データの ”Surfaces” 以外の要素は保存されません。