Dai-Con Viewer

DXFからTINの読込み

DXFファイル3D面(3DFACE)エンティティをTIN地形データとして読込みます。

構造物等との判別を容易にするために、ブロックにしたエンティティは読込みません。

ブロックにしたTIN地形データがある場合は、事前に分解してDXFで保存し直す必要があります。なお、グループは読込み可能です。

 

DXFファイルを[ファイルを開く]メニューや[ファイルリストビュー]をダブルクリックして開くと、3Dモデルと同様の表現になります。

 

DXFファイルからTIN地形データとして読込むことで、カラースケールを使用した表現やLandXML形式へのエクスポートが可能となります。

 

また、本ソフトでXYZから作成したTINやLandXMLから読込んだTINをDXF形式にエクスポートし、他のCAD等で編集した後に再度本ソフトでTIN地形データとして読込むことで、TINの編集機能を補完できます。

■ ファイル選択

読込むファイルはメニューバー、ツールバー、ファイルリストビューのいずれかから選択します。

 

▪ メニューバーから

メニューバーの[TIN/LandXML]-[DXFからTINを読込み]を選択します。

 

 

[DXFファイルからTINを読込み]ダイアログが開きます。読込むファイルを選択し[開く]ボタンを押します。 

▪ ツールバーから

ツールバーの[DXFからTINを読込み]をクリックします。

 

▪ ファイルリストビューから

メイン画面左側のフォルダツリービューからデータフォルダを選択し、ファイルリストビューからファイル名を選択します。選択したファイル名を右クリック⇒[DXFからTINを読込み]を選択します。

 

■ 読込み設定

DXFファイルを選択すると、[DXFファイルからTINを読込み]ダイアログが開きます。

 

 

① 【TIN地形データ選択】

読込むTIN地形データ(レイヤ)を選択します。3D面(3DFACE)エンティティを含むレイヤ名とメッシュ数を表示します。

※ N = ’TINの三角面メッシュ数’

 

② 【出力設定】

新しいページに出力するか現在のページに追加するかを選択します。

出力先が新しいページで、①の読込むデータが複数の場合、全て同じページに出力するか個別に新しいページに出力するか選択します。

 

③ 【描画設定】

TINの表面色を自動設定の単色か、レイヤ色か、カラースケールを使用するかを選択します。カラースケールの使用は新しいページにTIN地形データを一つ出力する場合に選択できます。

 

以上の設定後[OK]ボタンをクリックします。

  

■ DXFからTIN読込み使用例

▪ TINをCADで編集

XYZデータから作成したTINやLandXMLから読込んだTINを、他のCADで編集し本ソフトで再読込みします。

以下がその手順です。

 

 

▼ TIN地形データをDXFエクスポート

「Dai-Con Viewer」で[DXF形式でTINを保存]メニューからTIN地形データをDXFにエクスポートします。

 

▼ CAD編集前

ここでは、「AutoCAD LT」を使用してエクスポートしたDXFを開きます。

 

 

▼ CAD編集後

・不要なメッシュを削除します。

・色を設定した構造別のレイヤを作成し、メッシュをレイヤに振分けます(レイヤの変更)。

・編集後、上書き保存または別名でDXF保存します。

 

 

 

※「AutoCAD LT」では、3D面(3DFACE)エンティティの新規作成はできませんが、削除や形状変更の編集は可能です。     

  

 ▼ DXF再読込み

「Dai-Con Viewer」で[DXFからTINの読込み]から編集後のDXFを読込み実行します。この時、設定ダイアログの【描画設定】で[単色(レイヤ色)]を選択するとレイヤ色が反映します。

 

中段には拡大した画面を、下段には表現スタイルを[ワイヤーフレーム]にした画面を示します。

 

 

※DXFファイルをTIN地形データではなくレイヤのある3Dモデルとして読込みできますが(普通に読込みまたは追加すること)、この場合オブジェクトをカラースケールによる段彩表現にしたり、DXFやLandXMLへのエクスポートができません。