Dai-Con Viewer

図形と文字の挿入

■ 文字付き座標リストファイルの読込み

点名等の文字(ASCII)を含む座標リストファイルを読込み、XYZ座標値の位置に文字を一度に挿入できます。

読込み可能なファイルの形式は、データ区切りがカンマ’,'またはスペース’ ’のテキスト形式(.csv,.xyz,.xyztxt,.dat,.txt)です。

 

また、座標SIMAデータ(.sim)におけるデータ区分”A01” の点名の読込みとLandXML形式の座標点セットCgPointsの読込みも可能です。

 

読込むファイルは、メニューバーまたはファイルリストビューのショートカットメニューから選択します。

 

 

▪ メニューバーから

メニューバーから[図形と文字の挿入]-[座標リストファイルから文字の読込み]を選択します。

 

▪ ファイルリストビューから

ファイルリストビューでファイル名を選択し右クリックします。ショートカットメニューから[座標リストファイルから文字を読込み現在のページに追加]を選択します。

   

▪ 座標リストファイル・CIMAデータの場合(データ行列の指定)

[座標リストファイルから文字の読込み]ダイアログが開くので、XYZ各データの列と描画したい文字(点名等)の列を指定します。

 

 

①XYZ各データの列と描画する文字の列を指定します。

②文字高、文字色、オフセットを設定します。オフセットの説明は前記「文字の挿入」と同様です。

 

設定後、[OK]ボタンをクリックします。

 

 

▪ LandXML形式データの場合(座標点セット)

LandXML形式の座標点セットCgPointsがツリービューに表示されます。

出力する座標点セットのチェックボックスにチェックをいれて選択します(初期はすべて選択)。

文字高、文字色、オフセットを設定します。オフセットの説明は前記「文字の挿入」と同様です。

設定後、[OK]ボタンをクリックします。

 

▼ 座標リストファイルから文字の挿入例

下図は座標リストのXYZ座標点を読込み描画後、座標リストの文字(点名)を挿入した画面です。