Dai-Con Viewer

オブジェクトプロパティ

■ TINメッシュのプロパティ

XYZデータから作成したTINやLandXMLから読込んだTINは、プロパティから表面色、透過度および表現方法の設定ができます。

 カラースケールは[カラースケール]オブジェクトから変更します。⇒プロパティ:カラースケール 

 

[プロパティ]タブより[オブジェクトツリービュー]のTINメッシュのノード[ TinSurface ]または

[ LandXMLTin ]を選択します。[プロパティグリッドビュー]にTINメッシュの各プロパティが表示されます。

  

例に、LandXMLのTINを読込みます。⇒LandXML型式のTINの読込み

 

 

オブジェクトツリービュー]の[ LandXMLTin ]を選択します。

 

▪ 表面色

TINメッシュの表面色を単色で表現する場合に設定します。

[プロパティグリッドビュー]の SurfaceColor プロパティのドロップダウンから選択します。 

 

 

SurfaceColor = "Aqua"

上図のように SurfaceColor を設定すると、TINを単色で表現し、カラースケールの表示が消えます。

[カラースケール]オブジェクトの ColorType プロパティが ”MonoChrome” になり、MonochroColor プロパティに色が設定されます。

▪ 透過度

TINメッシュの表面の透過度を設定します。

 [プロパティグリッドビュー]の Opacity プロパティを入力します。0.0(透明)~1.0(不透明)の値を直接入力またはスライドバーにより入力します。

 

Opacity = 0.5

▪ 3D表現方法

3Dオブジェクトの表現方法を設定します。3D表現方法は、サーフェイス、ワイヤーフレーム、ポイントの3種類です。

 [プロパティグリッドビュー]の Representation プロパティをクリックしドロップダウンより、”Surface”、”WireFrame”、”Points”を選択します。

 

Representation = ”Wireframe”

 

Representation = ”Points”

PointSize = 5