Dai-Con Viewer

オブジェクトプロパティ

■ 3Dモデルのプロパティ

3Dモデルデータでは、プロパティからモデルの座標変換、3D表現方法、マテリアルを設定できます。

 

[プロパティ]タブより[オブジェクトツリービュー]の[ Model3D ]ノードを選択します。[プロパティグリッドビュー]に選択した[ Model3D ]の各プロパティが表示されます。

 

▪ 座標変換

3Dモデルの位置、倍率、回転を設定します。

位置は、XYZ座標値をOffsetXOffsetYOffsetZに入力します。

倍率は、ScaleXScaleYScaleZに各軸方向の倍率を入力します。

回転は、RotateXRotateYRotateZに各軸回りの回転角度(度)を入力します。

▪ 3D表現方法

3Dオブジェクトの表現方法を設定します。3D表現方法は、サーフェイス、ワイヤーフレーム、ポイントの3種類です。

 [プロパティグリッドビュー]の Representation をクリックしドロップダウンより、”Surface”、”WireFrame”、”Points”を選択します。

▪ マテリアル

モデルの色情報は[マテリアル]に含まれています。1つのモデル(ファイル)に複数の色がある場合、[マテリアル]も複数あります。

[オブジェクトツリービュー]の[ Model3D ]ノードの子ノード[ Material ]を選択します。[プロパティグリッドビュー]に選択した[マテリアル]の各プロパティが表示されます。各プロパティの説明は以下の通りです。

 

ColorAmbient

 環境光色を設定します。

 色設定ドロップダウンから色を選択します。

 

ColorDiffuse

 拡散反射光色を設定します。マテリアル本来の色を ColorDiffuse に設定します。

 色設定ドロップダウンから色を選択します。

 

ColorSpecular

 鏡面反射光色を設定します。

 色設定ドロップダウンから色を選択します。

 

Ambient

 環境光係数を設定します。0.0 (min) ~ 1.0 (max)

 

Diffuse

 拡散反射係数を設定します。0.0 (min) ~ 1.0 (max)

 

Specular

  鏡面反射係数を設定します。0.0 (min) ~ 1.0 (max)

 

SpecularPower

  鏡面反射強度を設定します。0 ~ 128

 

Opacity

 透明度を設定します。0.0(透明)~ 1.0(不透明)の値を直接入力またはスライドバーにより入力します。