Dai-Con Viewer

グリッドデータのマージ(結合・更新)

■ グリッドデータのマージについて

グリッドのマージは、2つ以上のグリッドデータについて、領域が異なる場合は必要十分な領域に拡大してデータを結合し、各グリッド(格子点)のZ値は後のデータにより上書き更新の処理を行います。

 

測量データで言えば、部分的に計測したデータを前回までの計測データにパッチワークように重ね合わせ、データを更新する作業になります。

 

マージを行うデータは、本ソフトにより作成・保存したグリッドデータファイル、または現在いずれかのページに開いているグリッドデータのオブジェクトを指定できます。

 

マージを行うためは、それぞれのグリッドデータのグリッドサイズ(1m×1m等)が同じであること、回転を与えたローカルグリッドの場合には、回転原点座標と回転角が同じであることが条件となります。

■ 実行メニュー

メニューバーの[ツール]-[グリッドデータのマージ(結合・更新)]を選択します。

■ グリッドデータの指定・リスト追加

メニューを選択すると「グリッドデータのマージ」ダイアログが開きます。

マージ処理を行う順番でグリッドデータを選択し、マージリストに追加します。

 

 

①グリッドデータの指定・追加

マージを行うグリッドデータは、[グリッドファイル追加]および[ページ内グリッドオブジェクト追加]ボタンをクリックし、ファイルを選択するか読込み後のページ内オブジェクトを選択して指定します。

マージを行う順序に注意してリストに追加します。

 

②マージリストの編集

データ追加後に不要データを削除したい場合は、データ列を選択後[削除]ボタンをクリックします。

リストの順番を入れ替える場合は、データ行を選択後[▲上へ]・[▼下へ]ボタンをクリックすると1行づつ移動します。いずれも複数行の選択が可能です。

 

③オプション

マージを行う際、各グリッド(格子点)のZ値は基本的に後のデータで上書きされます。

ここのチェックボックスをオンにすることで、差異がプラス方向(高くなる:盛土)の場合、またはマイナス方向(低くなる:切土)の場合に更新しないで実行するオプションを指定できます。

 

④出力ファイル

マージして出力するファイル名を入力します。年月日時分(yyyyMMddHHmm)の自動テキストが表示されるので必要により編集します。

 

⑤マージ実行

各設定の入力後、[実行]ボタンをクリックするとマージ処理の結果ファイルを作成します。