Dai-Con Viewer

更新履歴

■ Dai-Con Viewer オロチ

 

▶ Ver.2.1.0  2023/11/26  マイナーバージョンアップ

 

1.[TINサーフェス]メニューの[TINの編集]機能を強化しました。[TINの修正・編集]となり、概要は次の通りです。

  • TIN編集画面:境界エッジに加え、裏面を色表現し反転状況の確認可。メイン3Dビュー画面と同様のマウス操作が可
  • プロパティ表示:面数・頂点数・最大最小座標値・表面積・平面積等をテーブル表示(編集前後)
  • TIN解析:リージョン数・穴数、鉛直面数、極小面数等を解析し、テーブルおよびハイライト表示
  • 頂点マージ:重複頂点を解消し、複数あるリージョンを単一化、また許容誤差を指定して極小面を除去
  • 選択削除:鉛直面を一括選択し削除可能 (TIN解析後)
  • エッジスワップ:スワップ後に裏面とならない処置
  • 面反転:選択した面を反転
  • デシメート:指定した比率による形状変化を抑えた三角面数の低減
  • ブレークライン追加:TINへ線分、ポリラインを追加し、法肩・法尻・稜線を表現
  • 領域切出し:任意のポリゴン領域でTINの切出しと切抜き

 2.[図形]メニューに[ポリライン]を追加しました。

点群上で座標参照してポリラインを作成可。ポリラインを閉じるオプションあり。

[TINの修正・編集]でのブレークライン追加の機能に、点群から参照したポリラインを設定可能。

  

3.メニューに[ユーティリティー]を追加し、[TINの領域で点群を非表示]の機能を追加しました。

現況点群と計画TINサーフェスを統合している場合、点群でTINが隠れるため、一時的にTINの領域で点群を非表示にする機能を追加。

 

4.段彩表現のカラースケールのサイズを指定できるようにしました。 

4K等高解像度のモニターでは、現状のカラースケールのサイズが大きすぎるため、設定時にハーフサイズを指定できるようにし、カラースケールのプロパティからも任意に変更ができるようにしました。

 

5.その他、軽微な修正・調整を加えました。 

 

 

▶ Ver.2.0.6

 

  2023/ 6/18 更新

 

 

  • TINサーフェスのプロパティに 表面積 を追加。
  • LandXMLから読込んだTINサーフェスをDXF形式に保存する際、保存エラーが発生する場合がある不具合を修正。
  • 軽微なUIの調整等。

 

▶ Ver.2.0.5

 

  2023/ 6/ 7 更新

 

 

  • LandXMLの線形データを読み込む際、片勾配すりつけがあるデータで、読込みエラーが発生する場合がある不具合を修正。

  • LandXMLの中心線形の中間点の測点NO文字に +00 を付けるか付けないかを選択可能にした。

 

 ▶ Ver.2.0.4

 

  2023/ 5/ 1 更新

 

 

  • ライセンス認証プログラムの一部修正。

  • インストール時のライセンス条項を更新。

 

▶ Ver.2.0.3

 

  2023/ 4/24 更新

 

 

  • 2.0.2更新において、座標および距離を表示したページの削除を実行するとエラーが出る不具合を修正。

 

▶ Ver.2.0.2

 

  2023/ 4/24 更新

 

 

  • ページ削除によりライブラリのエラーウインドウが表示される場合がある不具合を修正。

  

▶ Ver.2.0.1

 

  2023/ 4/ 2 更新

 

 

  • 起動時にスプラッシュ画面を表示。

  • インストール時のライセンス条項(ソフトウェア使用許可契約書)を更新。

  

▶ Ver.2.0.0

  2023/ 2/26 メジャーリリース

 

 

 

 

 

■ Dai-Con Viewer ライト

▶ Ver.1.0.2

 

  2023/ 6/ 7 更新

 

 

  • LandXMLの線形データを読み込む際、片勾配すりつけがあるデータで、読込みエラーが発生する場合がある不具合を修正。

  • LandXMLの中心線形の中間点の測点NO文字に +00 を付けるか付けないかを選択可能にした。

 

▶ Ver.1.0.1

  2023/ 4/22 

 更新

 

  • ウインドウ最大化の状態で再起動した際、画面左側エクスプローラとプロパティタブのサイズおよびスプリッターの位置が、正しく表示されない不具合を修正。

 

▶ Ver.1.0.0

  2023/ 2/26 

 メジャーリリース